銀行での借入に必要な審査とそのポイント

銀行での借入に必要な審査とそのポイント

銀行の借入でも審査内容は基本的に同じで、キャッシングやそれ以外の借入ともあまり差はありません。銀行のカードローンやキャッシングも、収入や他行からの借入、信用情報を維持していくことも合わせて大切です。申し込みの段階で、しっかり正確な情報を入力していれば仮審査と本審査はあまり差はないので審査に通過する可能性もはっきりわかります。

 

銀行のサービスでは、金利もかなりよく14%程度で利用できる場合もあります。それでも負担は大きいですが、18%も金利がかかるような消費者金融のキャッシングに比べると負担はかなり少ないでしょう。審査内容も日頃の公共料金の支払いがされているかどうかや、収入など一般的な審査だけで借入できるようになるので、少し不安がある場合でも申込だけはしてみるとよいです。

 

ネットから申し込む場合には、個人情報などをしっかり入力して必要ならば運転免許証などもスマホで写真を撮ってデータとしてパソコンに取り込んでおくと簡単に申し込めます。仮審査の後は実際に銀行の店舗に行って申し込む場合と、すべてネット上で手続きが完結し、お金は口座に振り込まれる湯小名場合もあります。どちらもとても便利なので、現金で受け取りたい場合は最後の本審査の結果を銀行で受け取るのも十分よいです。

 

ネット完結型のサービスも利用しやすいですが、できるだけネットだけの情報を信頼するのではなく契約書類などをしっかり直接受け取るようにしましょう。プリントアウトするような場合には、印刷し忘れるだけでかなり良くない状態になるので、大切な書類関係を印刷できる環境かどうかもチェックしておきましょう。

 

銀行系のカードローンもキャッシングも審査についてはあまり消費者金融のサービスと違いはありません。銀行から借入をする場合にも利用限度額が低い場合には収入証明書は必要ないですが、用意できるならば用意して少しでも審査に有利に通過できるようにするとよいです。

 

収入証明書が提出できない時点で利用限度額は50万円以下になることが多いので、利用したい金額を申告するときには少し注意しておきましょう。100万円以上の借入をしたい場合には年収300万円以上の収入証明書を用意できなければ総量規制の関係で実質不可能になります。職業なども影響するので十分工夫して申告するようにしましょう。

 

申告内容は収入や借入希望額だけではありません。その時に利用している借金の件数や契約している件数の申告もとても大切です。総額で借り入れている金額もしっかり申告しておかないと信用情報をチェックされたときにすぐにうそをついていることがばれてしまいます。

 

偽りの申告があるとわかった時点でかなり厳しい対応をされることもあるので、銀行系のサービスを利用するときには十分注意しましょう。過去に利用した借金や返済中の借金がある場合にもしっかりと覚えておいて申告を忘れることのないようにしてください。

 

総量規制という制度の影響もあるため、銀行も消費者金融も審査の段階で借り入れている借金についてはかなりシビアにチェックをします。個人の信用情報を見ればすぐにわかることですが、信用できる人物なのかどうかチェックするために自分自身で申告させるような仕組みもあります。

 

申し込みの段階で自分の借金を把握していないようならば、当然金銭管理が甘いと判断されるので、利用限度額が大幅に下げられるか、審査に落ちてしまいます。審査に落ちれば他の利用している金融機関のサービスが利用できなくなる可能性もあるので、十分注意しましょう。

 

借り入れている金額が分からない場合が許されることはないので、しっかり自己管理の範囲内で把握するようにしてください。可能であればできるだけ相違ない金額を申告できるように、申し込み前に金額も件数もチェックする必要があります。クレジットカードの申告も借り入れとして考えておいた方が良いので、数に数えておきましょう。

関連サイト

  • 低金利カードローン

    低金利のカードローンを申し込む際にチェックするべきポイントや体験談などをご紹介。

  •  

  • 専業主婦でも借りれる

    収入がない専業主婦でも借りれるカードローンの紹介、申し込み手続きから注意点など。

  •  

  • 学生カードローン

    学生がカードローンでお金を借りるにあたっての条件や注意点、実際の体験談など。